ソフトウェアとシステムの開発手法

バナー

ソフトウェアとシステムの開発手法

ソフトウェアやシステムは、その構築に対して様々な開発手法が生まれてきました。これら開発手法はフレームワークと呼ばれ、開発と保守に適用するさいの基盤となるため、とても重要でソフトウェアやシステムを開発するさいには適したフレームワークを選ぶ必要があります。

今すぐ使えるGoogleMapsAPIのクチコミ評価が高いです。

代表的な開発手法としては構造化プログラミング、オブジェクト指向プログラミング、RAD、スクラム、エクストリーム・プログラミングなどがあります。

ビッグデータの事例に関する情報が閲覧できます。

最も新しいシステムの開発手法であるエクストリーム・プログラミングでは、柔軟性の高い開発手法であり、難易度の高い開発やビジネス上の要求が変わるような状況に向いた開発に適しています。

鋭い観点からグループウェアの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

その原理としては、5つの価値が存在し、それはコミュニケーション、シンプル、フィードバック、勇気、尊重などからなっています。


フォトブックの作成関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

このエクストリーム・プログラミングの考え方が登場したのは1990年代後半で、IT革命の真っ最中であったため、この考え方が支持され現在でも多くの分野で使われています。

このサイトでビッグデータの処理の詳細はこちらで簡単に調べられます。

https://www.youtube.com/watch?v=S__riLibzF0
http://www.certpro.jp/
https://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/login/faq/mail.html


Copyright (C) 2016 ソフトウェアとシステムの開発手法 All Rights Reserved.